産み分けゼリーで男の子・女の子を産み分け!成功確率から効果を高める使い方まで大紹介

 

「第一子とは別の性別の赤ちゃんが欲しい」

「性別はどちらでもいいけど、どちらかと言えば女の子がいいな」

赤ちゃんの性別はどちらでも気にしないという人は多いですが、心のどこかで性別の希望を持ってしまいますよね。

それは当たり前のことであり、贅沢なことでも何でもありません。

昔から様々な性別の産み分け方法がありますが、今回は医学に基づいた方法で産み分けの手助けをする産み分けゼリーを紹介します。

使い方から副作用の有無まで詳しく解説するので妊活中のパパ・ママ必見の内容になっています。

産み分けゼリーとは

男の子が欲しい、女の子が欲しいという願いは妊活中の方なら誰もが持っていると思います。そんな願いが叶う確率を高めてくれるのが産み分けゼリーです。

赤ちゃんの産み分け方法は昔から様々なものがありますよね。排卵日を特定したり、性行為時に女性の足を高く上げたりする方法等があります。

数ある方法の中で専門医もおすすめする医学に基づいた産み分け方法こそが、産み分けゼリーなのです。

産み分けゼリーはピンクゼリー(女の子用)とグリーンゼリー(男の子用)の2種類があり、希望する性別に合ったものを使用しましょう。

産み分けゼリーの主な働きは、膣内環境を整えるということです。

なぜ膣環境を整えることが重要なのか?その答えは赤ちゃんの性別が決まる仕組みを知ることで明らかになります。

赤ちゃんの性別が決まる仕組み

人間の性別を決めるのはX精子とY精子です。多くの方が学校で習ったかと思いますが、人間には46もの染色体があります。

その中で2本性別を決める染色体(=性染色体)があるのです。2本の染色体の組み合わせがXX(=女)なのかXY(=男)になるのかで性別が決まります。

性染色体は卵子が1本、精子が1本持っています。卵子の染色体は必ずXと決まっています。

しかし精子にはX染色体を持つX精子、Y染色体を持つY精子と2種類あります。つまり赤ちゃんの性別を決めるのは精子なのです。

男の子が欲しい場合にはY精子を受精させる、女の子が欲しい場合にはX精子を受精させる必要があります。

産み分けゼリーは膣内環境を整える働きがあると述べましたが、ここまでの説明を見てみると膣内環境よりも精子をコントロールすることの方が大切そうですよね。

実はX精子とY精子にはそれぞれ特徴があるのです。そしてその特徴がゆえに、膣内環境を整えることが重要となってくるのです。X精子とY精子の特徴は以下の通りです。

X精子 Y精子
pH 酸性に強い アルカリ性に強い
数 少ない X精子の2倍
寿命 長い 短い
スピード 遅い 速い

上の表で大切なのはpHです。pHとは水溶液の性質をあらわす単位のことで、ここでいう水溶液とは膣内環境のことです。

普段膣内は雑菌が侵入しないように酸性に保たれています。この酸性の環境は精子、特にY精子にとっては非常に辛いものです。

しかしいつも強い酸性に保たれているというわけではありません。

膣の入り口は酸性ですが子宮はアルカリ性なのです。

そして排卵日が近づくにつれて、アルカリ性の粘液が分泌され膣内が中和された状態になります。

だから人気の産み分け方法に排卵周期を特定するというものがあるわけです。

簡単にまとめると、膣内環境を酸性にするか、アルカリ性にするかでX精子とY精子の生存率が大きく変わってくるわけです。

膣内が酸性だとX精子が卵子までたどり着く確率が大幅に上がり女の子が生まれる可能性が上がる、逆にアルカリ性ならばY精子が卵子にたどり着き男の子が生まれる可能性が上がります。

pH値をコントロールする産み分けゼリー

産み分け成功のカギは排卵周期を特定して性行為を行うことですが、排卵周期を特定するのは難しいです。

安定した排卵周期を得るためにはホルモンバランスを整えることが大事です。

もしかするとストレスや疲労により排卵周期が乱れて、性行為を行った日と排卵日がずれてしまったという可能性もあります。

また膣内のpH値も人によって本当に様々。妊活時の性行為はどれも重要です。

排卵周期を特定する産み分けでは、思ったような結果を得ることができない可能性も高いことを知っておかなければいけません。

産み分けゼリーは他の産み分け方法にはない確実性があります。

人為的に膣内環境を整えるため、確実に膣を酸性寄り、もしくはアルカリ性寄りにコントロールすることが可能なのです。そのため膣内のpH値の個人差も関係なくなります。

もしも初めての赤ちゃんで本当に性別はどちらでもいいという方なら使用する必要はないでしょう。

しかし年齢的にも最後の出産、どうしても男の子・女の子が欲しいという方の場合は確実に膣内環境を整えて、希望の性別の赤ちゃんを妊娠する可能性を大きく高めることができる産み分けゼリーの使用をおすすめします。

産み分けゼリーが産み分けに効果的な理由はお分かりになったと思いますが、多くの方が気になっているのは成功確率や副作用、そして使用方法でしょう。

特に女性や胎児にも影響があるのではないかと不安に思っている方が多いはずです。ここからはそれらの疑問に丁寧に答えていきます。

産み分けゼリーの成功確率

産み分けゼリーの成功確率は残念ながら100%ではありません。そもそも成功確率100%の産み分け方法というもの自体がないのです。

「子供は天からの授かりもの」と昔から考えられています。

産み分けゼリーを使用するにしても、「絶対に女の子じゃないとイヤ!」という考えを持つ、もしくは期待しすぎるのはよくないですね。

「どちらかと言えば女の子が欲しいなあ」のようにあわよくばという気持ちで使用しましょう。

産み分けゼリーを使用しなかった場合、希望通りの性別の赤ちゃんが出来る確率は50%ですよね。

一方、産み分けゼリーを使用した場合は成功率が60~70%まで上がります。

たったの20%しか上がらないのかと思う方がいるかもしれませんが、50%と70%では大きな違いがあります。

また産み分けゼリー使用に加え、性行為のタイミングや特定の栄養を摂取することで成功率を大幅に上げることも可能です。後ほど産み分けゼリーと共に行いたい産み分け方法を詳しく紹介します。

産み分けゼリーの効果的な使いかた

産み分けゼリーは膣内のpH値を変えるものです。

そのため注射器のような形をしたシリンジと呼ばれる道具を使い直接膣内に注入します。産み分けゼリーの基本的な使い方は以下の通りです。

1.ゼリーを温める

まずはゼリーを45~50度くらいの少し温めのお湯で容器ごと温めます。

目安としてはゼリーが液体になるまでで、時間は約5分ほどです。

大切なのは完全に液体にすること、ふたを閉めて熱湯がゼリーと混ざらないようにすることです。

熱いお湯で溶かすことも可能ですが、その後膣内に注入することを考えると、女性がやけどを負う危険性が高いので必ずお風呂よりも少し熱めのお湯で溶かしましょう。

2.シリンジで注入

ゼリーが完全な液体となったらシリンジを使用して膣内に注入します。使用量は1回当たり約3~4ccです。

これ以上多く注入しても成功確率が高まるということはありません。

液体は確実に注入しないといけないので、シリンジを膣の半分くらいまで挿入してから注入しましょう。

注入後すぐに膣内pH値が変わるということはないので、5分ほど間隔をあけてから性行為を行います。

待っている間に液体が漏れてくることがありますが、多少は問題ありません。多量が漏れてくる場合は腰の下に枕などを敷いて、腰の位置を高くする工夫をしましょう。

3.入浴は避ける

性行為後に液体が漏れてくることもありますが、何ら問題はありません。

産み分けゼリーを使用して、性行為を行った日は入浴を避けるのがおすすめです。就寝する前には腰枕を使用して成功確率を高めるのもいい考えですね。

4.保管方法

多くの産み分けゼリーは5回ほど使用できるものです。

使用後のゼリーは直射日光を避けて、常温保存さえすれば再び使用できます。

1回の性行為で妊娠するとは限らないので、n妊娠が発覚するまで性行為の度に使用するのがおすすめです。

シリンジは膣内に直接注入するものなので、必ず使用後は熱湯消毒を行いましょう。

以上が産み分けゼリーの基本的な使用方法です。

メーカーによっては使用方法に若干の違いがあるかもしれないので、使用前には必ず記載されている使用方法を確認してください。

男女別!産み分けゼリー成功確率を高める方法

産み分けゼリーの使用だけでも成功確率はあがりますが、ある行動を共に行うことでぐっと成功確率は高まります。

ここからは男女別の産み分け成功率を高める方法を紹介します。

男の子が希望の場合

男の子が希望の場合はXY染色体を作る必要があります。

酸性に弱いY精子をサポートするために膣内環境をアルカリ性にするグリーンゼリーを使用するだけではなく、以下の方法を実行してみてください。

性行為は排卵日に行う

男の子を作るために必要なY精子は酸性に弱いです。しかし排卵日が近づくにつれて、子宮からアルカリ性の分泌液が流れるようになり膣内の酸性が弱まります。

つまりアルカリ性が好きなY精子にとって有利な環境となるのです。

膣内のpH値は産み分けゼリーでコントロールできます。

しかし排卵日に性行為を行うべき理由はもう1つあるのです。

それはY精子の寿命が関係しています。Y精子の寿命は非常に短いため、排卵日に性行為を行うことが重要となってくるのです。

その日に性行為を行うことでY精子が受精する確率は大きく高まるでしょう。

注意点は、排卵日2日前はまだ膣内が強い酸性の状態になっています。

そのためこの日に性行為を行うと女の子が生まれる確率が高まります。排卵日2日前を予測するのは難しいので、やはり産み分けゼリーを使用するのをおすすめします。

女性を気持ちよくさせる性行為

女性がオーガズムを感じるとアルカリ性の分泌液が出ます。つまり膣内pH値がアルカリ性に気味になるのです。

挿入を行う前には、濃厚な性行為を行って女性にオーガズムを感じさせましょう。

深めの挿入を心がける

子宮付近はアルカリ性分泌液が出ているのでY精子は活発的になります。

またY精子の方がX精子よりも速く泳げるので、可能な限り子宮までの距離が短いとY精子が着床する確率は高まります。

リン酸カルシウムを摂取する

リン酸カルシウムは栄養補助食品です。

元々は赤ちゃんが先天性の病気や障害を持たないようにする予防薬として使用されていましたが、リン酸カルシウムを摂取していた女性の多くが男の子を出産したことで男の子を生む確率を高めるものとして使用されています。

リン酸カルシウムがなぜ男の子を産み分ける手助けをするのかは判明していません。

しかしリン酸カルシウムを摂取し、ベストタイミングでの性行為を産み分けゼリーを使用して行うことで男の子が生まれる確率は90%近くなります。

リン酸カルシウムはまず2か月間毎日服用し続けないといけません。服用を始めて2か月が経ったころに子作りを行うのがいいでしょう。

リン酸カルシウムは5日摂取しないと産み分けの効果がなくなると言われています。したがって毎日服用し忘れることがないようにしましょう。また妊娠が判明するまで、リン酸カルシウムは摂取しないといけません。

女の子が希望の場合

女の子を作るためにはXX染色体が必要になります。つまり酸性に強いX精子が活発に動ける環境を作ることが重要です。

ピンクゼリーを使用する他にも以下の方法を行ってみましょう。

精液をため込まない

精子の数は女の子を作るX精子よりも、男の子を作るY精子の方が多いです。

精子の数が増えると、Y精子の割合が増加します。そこでY精子の数を少なくするために、精液をあまりためないようにしましょう。

具体的には3回に1回程度の避妊具を付けた性行為、少なくとも週に1度は旦那様に射精をしてもらいましょう。

逆に言えば、精液をため込む=射精回数を減らすと男の子が生まれる確率が高まるということですね。

刺激の少ない性行為

女性がオーガズムを感じるとアルカリ性の粘液が分泌されるとすでに述べました。つまり女の子を作るX精子の働きが弱まってしまうのです。

そこで子作り目的での性行為の際には、女性をあまり刺激させない短時間のものがおすすめです。

産み分けゼリーに副作用や障害リスクはある?

産み分けゼリーは膣内に直接注入するものなので、女性に副作用はないのか、生まれてくる赤ん坊にリスクはないのかと不安がつきまとうのは当たり前のことです。

あなたを安心させる事実は、産み分けゼリーを使用したことによって女性に副作用が起きたり、胎児に悪い影響や障害を与えたりしたという問題は一切起きていません。

したがって、安心してご使用することができます。

産み分けゼリーの基本成分は自然由来のものばかりです。

そのため女性にも、赤ちゃんにも悪影響を与えることはないでしょう。

しかし念には念を入れて安全面は完璧にしておきたいはずです。

産み分けゼリーは多くのメーカーが販売しており、オンラインショッピングでも手軽に購入できます。

どの産み分けゼリーを選べばいいのか迷ったら、国産のもの、もしくは成分表示されているものを選びましょう。

多くのメーカーが販売していますが、配合成分を表示しているところは驚くほど少ないです。

成分表示がされていなくても大丈夫だとは思いますが、成分表示ありのものとなしのものどちらが信頼感と安心感を与えてくれるのかと言えば成分表示している方ですよね。

また国内メーカーは厳しい基準の元、商品製造しています。もし迷った場合は国内メーカーで成分表示しているものを選ぶといいでしょう。

産み分けゼリーを産婦人科など病院で処方してもらう事はできる?

産み分けゼリーはネットショッピングで手軽に誰もが購入できるようになりましたが、病院や産婦人科などで処方してもらうこともできます。

しかし全ての産婦人科や病院が処方しているというわけではありません。むしろ処方しているところを見つける方が難しいはずです。

また処方してもらった産み分けゼリーが、実は市販されているものだったということもあります。処方してもらった産み分けゼリーと市販のものは大差ないので、利便性を考えると市販のものがおすすめです。

ハローベビーゼリーについて

ハローベビーゼリーは国内売り上げ20万本突破した実績ある産み分けゼリーです。ハローベビーゼリーが大人気の理由は主に3つあります。

1.簡単な使用方法

すでに説明しましたが、産み分けゼリーの基本的な使い方はゼリーをお湯で液体にしなければいけません。

これは少し面倒ですよね。しかしハローベビーゼリーはたったの1分で準備することができます。

まずはタンポンをイメージして作られた容器のキャップを引き抜きます。

その後容器を膣内に深めに挿入し、ピストンを押してゼリーを注入するだけです。とても簡単ですよね。また容器は使い捨てなので衛生面でも確実に安心することができます。

2.メイド・イン・ジャパンの安心性

ハローベビーゼリーは厳しい安全試験を突破した安心できる商品です。

また商品に配合されている全成分公開はもちろん、その成分がどのように働きかけるのかまで詳しく紹介されています。

成分表示するメーカーが少ない中、ここまで詳しい成分表示をしているのは安全に自信がある証拠です。

3.コストパフォーマンスが高い

ハローベビーゼリーは1セット12.800円です。1セットで7回使用できることを考えると、非常に良心的な値段です。

さらに2セット、3セットと購入することでお得な割引があります。

ベイビーサポートについて

ベイビーサポートもまた国産もので、ハローベビーゼリーと共に大きな人気を誇っています。

ベイビーサポートが大人気の理由は主に次の2つ。

1.最高の安全

産み分けゼリー選びで大切にしたいのは安全性という方にベイビーサポートはピッタリです。

ベイビーサポートが製造される環境は医療業界用製品向けのものであり、細菌の浮遊さえ許されない手術室並みの清潔なものです。

国産メーカーでも、ここまで安全環境に力を入れているところはほとんどありません。

もちろん成分表示も行っています。国内トップクラスの安全と安心感を与えてくれるのがベイビーサポート。

2.日本国内35万本販売の実績

ベイビーサポートは日本国内で35万本以上の売り上げを記録しています。

この実績はベイビーサポートがどれだけ優れた製品なのかということを物語っていますよね。

産み分けゼリーを販売する多くのメーカーが「当社の製品は必ず効果がある」等の宣伝文句を行っています。

それは本当かもしれませんし、残念ながら嘘かもしれません。

それを証明するのはすでに効果を体験した人々の声と販売実績。ベイビーサポートの販売実績は言うことありませんよね。加えて使用した人々の評判もいいです。

以上の理由の他にも、ベイビーサポートは使用方法がハローベビーゼリーと同様に非常に簡単で準備いらずという手軽さもあります。

ハローベビーゼリーとベイビーサポートで悩まれる方は多いと思います。

どちらも国内トップクラスの実績と安心性を持つ製品なので、あとはあなたの好みや費用と相談して決める必要があります。

産み分けゼリーまとめ

産み分けゼリーだけの使用でも成功確率は70%まで上げることができますが、今回紹介した方法と組み合わせることで80%、もしくは90%近くまで成功率を高めることができます。

今回で産み分けゼリーは医学的根拠があるしっかりとした製品だということは理解できたと思います。

出産というのは人生で数少ない、素敵な経験です。あまりにも1つの性別にこだわりすぎるのは良くないですが、後悔のないように夫婦で出来る限りの取り組みは行いたいですよね。

産み分けゼリーは必ずあなたの妊活をサポートしてくれるものなので、ぜひ使用してみてください。